Home / 日記 / 単身者がベッドを運ぶ場合はどんなプランが良いですか?

単身者がベッドを運ぶ場合はどんなプランが良いですか?

 

単身の引越しでベッドがある場合は、大きさやどう運ぶかで引越しの方法も必要な料金も変わってきます。

 

  • パイプベッドの場合は折りたたみが可能ですか?
  • マットレスは折り畳めますか?
  • また、木製ベッドの場合は分解して小さめのパーツに出来ますか?

 

もし、解体可能なベッドで小さく出来るのであれば、多くの引越し業者では単身用の引越しプランを用意しているので、これらのプランを利用する方法もあります。

まず、単身プランは、専用のBOXに入る分を送るというプランで、

  • 段ボールに入る荷物、
  • 小型の洗濯機や冷蔵庫、
  • カラーボックスや衣装ケース程度

といった荷物量で使われるのが一般的ですが、ベッドを小さく解体出来るなら利用も可能です。

 

ただし、単身ボックスは見積もり要らずで、当日に運べず追加料金が必要になることもあるので気を付けて下さい。

 

もしも、BOXに入らない場合や、折り畳みの出来ないマットレスの場合は、単身用のパックで運べないため、他業者のベッドも運べるプランで最小限のものを選ぶという方法もあります。

 

ニッチですが、

  • 佐川引越しの単品プランや
  • サカイ引越センターの家具だけプラン
  • アーク引越センターの大物限定プラン
  • クロネコヤマトのらくらく家財宅急便

などベッドだけを運ぶプランもあります。

参考:節約には大きな荷物だけを運んでもらう方法もお勧めです!

レンタカーを使う方法もありますが、ベッドだけの利用では損になるので、全ての荷物を運ぶ場合だけ若干の節約になるかもしれません。

 

最後に業者選びだけでなく、大型ベッドだとサイズ問題も出てきますのでこちらも確認して下さい。

 

大型マットレスでは、賃貸物件のエレベーターに乗らない、階段を通せない、玄関や搬入口が狭すぎて通せないケースもあります。

 

不安な点がある場合は、必ず自宅見積もりでベッドのサイズ確認を行ってもらって下さい。

 

最後に、女性の方などベッドの分解や組み立てが心配な場合は、運送業者は有料(3000円~5000円程度)ですが引っ越し業者なら基本無料なので安心です。