Home / 体験談 / 大変なのが粗大ゴミの処分です!

大変なのが粗大ゴミの処分です!

 

sodai-gomi

引越しでは粗大ごみが出てきてしまいますね。

このゴミはどのように処分するのかを体験談を通して掲載して行きます。

まず、一般的には小さくできるものは細かくして燃えるゴミと金属などの燃えないゴミに分類すると処分費用も抑えることが出来ますのでお得です。

 

また人にあげられるものは、あげてしまったり値段が付きそうなものはリサイクル店などに売ってお金に変えると良いでしょう。

 

しかし、それでもやはり大きなもので壊れてしまったものなどが出てきます。

タンスにしても使うにはまだ使えるが傷んでいるので売れないしなど、そのようなものはやはり粗大ごみとして処分ですね。

 

大都市など町中では引き取り処分料などが自治体によってかかってきますので数があればあるほど処分費用もかなり高くついてきます。

また少しでも安くしようと思うのならば持ち込みを行うと良いでしょう。

 

軽トラックなど借りればたくさん運ぶことも出来ますし何よりも費用が抑えることができるのはお得です。

ただ、家電類を処分する場合には、別途リサイクル料金が必要なるケースがあります。

主な家電は、

 

  • テレビ
  • 冷蔵庫
  • エアコン
  • 洗濯機

です。

支払い方法は郵便局でリサイクル料金を払い、リサイクル券をもらいそれを該当家電に貼り付けて指定の処分先に持って行きます。

(メーカーとサイズによって料金は異なりますので注意して下さい。)

 

引っ越しではこのように出来るだけ物を処分して新天地で新しく買い換える方のが結果的に移動も楽ですし、とても移動しやすいことが出てくるでしょう。

このように物を売るなどや処分などすることは良いですが、やはりまだ使えるものは誰にかに使ってもらったほうが本当は喜ばれるのですけどね。