Home / 体験談 / 節約方法も色々!大きな荷物だけを運んでもらう方法もお勧めです!

節約方法も色々!大きな荷物だけを運んでもらう方法もお勧めです!

 

見積もりを取ったら、引越し料金が異常に高くて困ってしまう事もありますね。

経験上、色々な節約方法があるので、ぜひ引越す際には参考にして下さい。


節約術の一点目としては、タイトル通り大きな荷物だけを運んでもらう方法です。

 

大きな荷物とは、洋服ダンスであったり食器棚やベッド・ソファーのような大型家具だけ専門業者に運び出してもらう方法です。

 

引越し料金を安く済ますコツとしては、運搬時に用いるトラックの大きさを小さくするという事が大前提のため、理にかなってますね。

 

(格安な業者探しにはこちらの家具配送を参考にしました!)

業者には家具だけプランや単品プランなど特色がそれぞれ違うので比較をして見比べるということが大切なんですね。

 

2点目としては、繁忙期を避けて日取りの移行も考えるという事です。

 

繁忙期とは混み合う時期の事で、引越しでは3月と4月が一番忙しい時期になります。

通常期の料金と比べると、1.5倍~2倍近くの料金にまで上がってしまいます。

 

土日祝日は、みんなが越したい曜日になりますし、午前中に作業を済ませて午後からゆっくりしたい方も多い為、午前便も料金は高くなってしまいます。

また、賃貸の家賃の関係で月末が高く、月初は意外に安くなる点も覚えておいてください。

 

まとめると、3月の上旬までに予定日を繰り上げて、土日は避け午後便を選ぶ事が節約方法の一つとなります。

 

3点目は、基本ですが荷物を処分するという事です。

1点目に記したとおり荷物が減れば必然的に料金は安くなっていきますので、不要品となる荷物の処分にも時間を取って下さい。

不要となる荷物は、大きな物から先に選別して下さい。

 

  • 使っていないタンスやテーブル
  • 古くなった大型ベッドやソファー
  • 部屋にある昭和の化粧台
  • お歳暮でもらった大量の食器類

などなど、挙げるとキリがありませんが、ブランド品や製造年数が比較的あたらしめの家具・家電であればネット上で買取が出来るお店も存在します。

もちろんリサイクルショップで売る事も可能ですが、買取額が付かない事もあるので、事前に自宅査定は必須です。

 

最後に、予約は3月で業者も一杯になり、料金が高額または予約が入れられない事もあるので、遅くとも2月中旬までには見積もりを取り日程を決定するようにして下さい。

引越し業者の予約は予定日の2ヵ月前から見積もりを取る事が出来ます。